情報商材アフィリエイト

情報商材アフィリエイトのノウハウを伝えるヤスのブログ

情報商材アフィリエイターのヤスです

 ヤス

名前 ヤス

⇒プロフィール詳細

メールはこちら
⇒メールフォーム


人気ブログランキング参加中です。ポチっと押していただくと嬉しいです♪

ご訪問ありがとうございます♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

■見出しタイトル

■トップ記事本文

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章に感情を入れる

2012年03月20日(火)

ヤスです。訪問していただきありがとうございます。

前回の記事では、文章に実感を加えるということで、
書かせていただきました。

今回は、文章に感情を入れるということについて書いていきますので、
前回と近い内容になるかと思います。


ではまず、文章に感情が入っていないとどうなるでしょう?

説明書のような、まったく相手の感情を刺激しない文章ができるはずです。

まったく感情を入れない文章というのはさすがに難しいので、
なるべく感情を入れずに書いた文と、意識して感情を入れた文を
比べてみたいと思います。

では、例をあげます。

最近、アフィリエイトで30万円稼げるという教材が発売されました。
 私も購入しました。

 この教材は、多くの方が3ヶ月で30万円を稼げるようになるそうです。

 私も実践しました。最初の1ヶ月は売り上げはあがりませんでした。

 教材に書かれている通りに実践すると、1ヶ月半で初報酬がでました。

 その後、2ヵ月半めで30万円を稼ぎました。
 こういった商材はいかだでしょう?


最近、ついにアフィリエイトで30万円稼げるという
 夢のような教材が発売されました。
 本当に初心者の私でも結果がだせるのか不安でしたが、
 思い切って購入いたしました。

 この教材は、多くの方が3ヶ月で30万円を稼げるようになるそうです。

 私も早速実践してみました。最初の1ヶ月は売り上げがあがらず、
 この調子で30万円稼もげるようになるのか不安になりました。

 ですが、教材に書かれている通りに実践していくと、
 初心者の私でも、1ヶ月半でついに初報酬を上げることができました。

 その後は、とんとん拍子で報酬が伸びていきましたので、
 なんと、通常より半月も短い期間で、30万円を稼げるようになりました。

 こんなに素晴らしい教材は生まれて始めてです。
 本当にこの教材を購入して良かったと思います。
 まるっきり初心者の私でも稼げましたので、本当にお勧めです。



どうでしょうか?

後者のほうが感情を刺激されたと思います。

最初の文章は事実のみを並べていますので、
淡々とした印象になっていると思います。

2つ目の文章は、事実に加えて感情をいれてますので、
その時の不安や興奮などの感情が伝わってくると思います。

感情を刺激されるという事は、
「これは良いぞ!」と思ったり、
逆に、「なんか嘘くさいな。。。」
と思ったりしたはずです。

私自身、いろいろなブログやメルマガを見ていますが、
商品の購入までいたる場合には、
必ずと言っていいほど感情が刺激された時です。

最初の文章では、嫌われることはないですが、
購入にいたるほどの刺激もないと思います。

感情が刺激されないという事は、
どうでもいいってことに繋がることが多いんです。

でも、それは当たり前の事です。
機械が読んでいるのではありませんからね。
画面の向こう側にはかならず読んでくれている人がいます。

人間が読むのですから感情のない文章では、
否定もされませんが、共感も得られなくなります。

共感を得られないブログから
商品を買おうとは思わないのではないでしょうか?

私がアフィリエイターとして怖いことは、
その文章から何も感じてもれえないことです。

何も感じないということは、もう興味が無いということです。
そんな文章だと、読む気にもなれませんよね。

では、どうすれば感情を刺激する文章が書けるでしょうか?

答えは簡単です。
あなたの思ったままのことを書けばいいんです。
そうすれば、自然とそこには感情が入るはずです。


私がなぜこんなことを書いたのかというと、
私自身がこれまでの人生で、そんなに文章を書いたことがありませんでした。
ですので、最初は文章を書くのが怖かった時期があるんです。

そんな時に他の方のブログやメルマガを読むと、
自分にこんなに上手い文章書けるだろうか?
と思ったりしたこともありました。

ですが、開き直って、思った事を書くようしてみたんです。
そうすると、すらすらと文章が書けるようになりました。

大切なのは感情を込めて思ったことを正直に書いみるということです。

それによって共感を得ない人も出てくるでしょうが、
逆に共感を持ってくれて、商品を購入する人もでてきます。

全ての人に好かれようとして、感情の入らない文章にしてしまうと、
全ての人に素通りされるなんの刺激もない文章になってしまいます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
←「読んだよ!」の印しに、クリックいただけますと嬉しいです(ノ´∀`*)

スポンサーサイト

文章に実感を加える

2012年03月15日(木)

ヤスです。訪問していただきありがとうございます。

文章を書くときは、その内容に関して
自分自身が納得していることが非常に重要です。

当たり前のことと言えば、当たり前のことです。
が、以外にできていない場合があります。

例えば、商材をアフィリエイトするとして、
『アフィリエイトに関する商材』を紹介するとしましょう。

ちょっと極端な話ですが、次のような2人がいたとします。
どちらが説得力のある文章を書けると思いますか?

・実施にその商材を使用して、スキルアップし稼げて効果を実感している人
・商材を使用したことはないが、売れ筋商材なので取り扱っている人

ここまで極端だと、考えるまでも無いですね(^^;)

やっぱり、「商材を利用して稼げた!!!」
と喜んでいる人から、「絶対にこの商材は良いよ!」
実感を伴ってすすめられたら、ひきつけられるものがあると思います。

逆に、その商材に興味があったとしても、
その商材のことをあまり知らない人から
「これは稼げるよ」とすすめられても、
買う気は起きないと思います。


私は自動車のディーラーをやっていたことがあります。
簡単に言うと、車の営業マンです。

営業では、自分が取り扱うことになる商品を実際に売る前に、
隅々まで勉強し、触れて、実際に乗ってみて、
その商品の特徴を実感できるようになることが重要でした。

自分がその商品の素晴らしさを実感して語るからこそ、
その良さが始めて相手にも伝わります。


これはあらゆる商売に共通することだと思います。

では、アフィリエイトのコンテンツを作成する時は、
どのようにすれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。

あなたが本気で思い、考え、納得し、
実感したことを書けば良いんです。

逆に、自分の腑に落ちない状態のままで、
中途半端に文章は書かないほうが良いです。

アフィリエイトの場合は、速さが重要なこともあるので、
一概には言えませんが、基本的には実感が伴ってから文章にするほうが良いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
←「読んだよ!」の印しに、クリックいただけますと嬉しいです(ノ´∀`*)

アフィリエイトにおける文章力の必要性①

2012年03月13日(火)

ヤスです。訪問していただきありがとうございます。

ブログやメルマガの文章を書く時に、
プロの小説家や物書きが書くような、
格式高く表現力豊かで、
流麗な文章を意識する方がいるかもしれません。

しかし、そんな文章を書くのは正直無理です。
そんなに簡単にその道のプロのような文章が書けるわけありません。

それに、アフィリエイトを行うのであれば、
そういった、小説を書くような文章力は必要ありません。

それよりも、読者さんにとってより役立つ情報を、
正確に伝える文章を書く力
のほうが重要になってきます。

では、そいったスキルはどうすれば身に付くでしょうか?

読者さんは特定の目的(役立つ情報が欲しい、商品を購入したいなど)
を持ってブログやメルマガを読んでくれています。

その欲求や悩みを満たすことのできる
コテンツを用意することが重要になります。
そのためには読者さんの目的を正確に読み取ることが必要です。

ではどうすれば読者さんの目的を正確に読み取ることができるでしょうか?

まず、読者さんの求めること真剣に考えることで、
読者さんの悩みや欲求を知ることができます。
そして、それに答える形で文章を書いていくことで、
読者さんが知りたいと思う内容を書くことができるようになります。

これがとても大切になってきます。

また、ただ漠然と文章を書いていてはダメです。、
『その文章から、読者さんに何を伝えよとしているのか?』
という目的意識を明確にすることも非常に大切になります。

目的が決まったら、より分かりやすく、
より説得力を持つ形で、より伝わるように文章を書いていきます。

最初に何を伝えるかという目的が明確になっていると、
何を書いていくべきかも分かってきます。

また、忘れてはいけないことが、
ブログやメルマガの読者さんの多くが初心者さんだということです。

アフィリエイトの内容によっては、
専門用語が出てくることがあると思います。
そんなときも、できるだけ簡単に誰にでも分かるような文章にすることが大切です。

特定のジャンルについてのコンテンツを作成するときでも、
そのジャンルに関する知識をを持たない読者さんが読んでも
分かる文章を書くことを意識すると良いと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
←「読んだよ!」の印しに、クリックいただけますと嬉しいです(ノ´∀`*)

ヤスの教科書

インフォトップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。